クラミジアや淋菌で起こる淋病の薬

クラミジアは性病の中で一番感染が多く見られる病気で、口内や尿道、膣内と言った粘膜の接触によってクラミジアトラコマティスと言う細菌に感染することで咽頭や男性の尿道、女性の膣などに発病します。感染している人との簡単なキスやアナルセックスでの感染は少ないですが、ディープキスやオーラルセックス、コンドームなしのセックスは感染の危険性が高くなります。クラミジアの症状としてはのどの腫れ、痛み、発熱や尿道の軽い発熱、排尿時の不快感や痛み、尿道からの膿、血清液症、おりものの増加、下腹部痛、性交時の痛み、不正出血などがあげられます。クラミジアの基本的な治療法としては抗生剤のアジスロマイシンやジスロマックと言った内服薬を1日から1週間程度継続して服用します。数日の服用で、一週間程度の効果がありますが、服用し忘れてしまうとその効果は下がってしまいます。また骨盤付属器炎が起こっている場合には点滴薬を用いた治療になります。クラミジアのほかにも性病でよく知られているものに淋病があります。淋病は淋菌の感染によって起こるもので、淋菌は粘膜から離れると数時間で死滅するほか、日光や乾燥に弱い病原菌です。オーラルセックスやコンドームを使わないセックス、アナルセックスなどでの感染が多く、口から口よりも口から尿道の感染が多く見られています。淋菌はもともと弱い病原菌ですが、タオルの使いまわしなどで家族内での感染が起こることもあります。淋病の症状はまれにのどの痛みがあったり、排尿痛、おりものの増加などがあげられます。治療はクラミジアと同じように、抗生物質のアジスロマイシンやジスロマックと言った薬の投与を1週間ほど行うことで治ることもありますが、抗生剤が効かない耐性菌の株に感染していると完治が難しい場合もあります。特定のパートナーがいる場合には一緒に検査や治療を行うことをおすすめします。