クラミジアは薬で治すことができる疾患です

クラミジアは、最も感染率が高い感染症だと言われています。 自覚症状があまりないため、気がつかないうちに感染していることがあるので注意が必要です。 クラミジアは多くは性器に感染しますが、粘膜を通して感染する可能性があるので、喉や目に感染することもあります。 不快な症状を感じたときは、早めに治療を受けることを心掛けておかなければいけません。 症状に気がつかずそのままにしていると女性は不妊症、男性は前立腺炎などの疾患を患う可能性があるので早期発見、早期治療が重要です。 クラミジアは、薬で治すことができる疾患です。 病院に行くと、まずクラミジアに感染しているかどうかの検査が行われます。 検査に3日~1週間ほど時間がかかり、感染が認められると投薬治療が始まります。 クラミジアは、感染症なので、パートナーも感染している可能性があるので、パートナーがいる人は、パートナーと一緒に治療を受けたほうが良いでしょう。 投薬治療は、およそ2週間ほどの期間が必要です。 治ったと思っても自分の判断で服用をやめてはいけません。 最後に陰性かどうか検査を受け、陰性という結果が出るまで服用を続けなければいけません。 完治するまでの期間には個人差がありますが、およそ1ヶ月ほど期間がかかると思ったほうが良いでしょう。 投薬治療のみで治すことができる疾患なので、気になる方は早めに受診しましょう。 この疾患のために病院に行くのが恥ずかしいという方も多いのではないでしょうか。 しかし、治療をためらっていると症状はどんどん進行していきます。 最近は、インターネットを利用して検査を行うことができます。 検査キットで検査を行い郵政で送ると検査を行ってくれる機関があります。 結果が陽性であれば、医療機関を紹介してくれる機関もあります。 陽性であれば、早めに医療機関で投薬治療を受けましょう。