クラミジアの治療に必要な料金と若年性アルツハイマー

クラミジアの治療に必要な料金としては受信回数が4回程度の場合は7千円程度なのですが、これに加えて検査などの費用がかかるので、最終的な料金は1万円程度になります。また症状が悪化している場合などには症状に合わせた治療が必要とされるので、抗生剤を2種類使用した場合などには薬代が2倍になるので、さらに料金がかかります。クラミジアに関しては早期発見が基本なので、不特定多数のパートナーとのセックスをしている場合は最低でも1年に1回は血液検査を受けなければなりません。クラミジアの感染を放置しておくと他の性感染症にかかるリスクが上昇するのでエイズや梅毒などにかかりやすくなります。またクラミジアに関してはバートナーも同時に治療しないとあまり意味が無いので、夫婦の場合は料金がこの倍近くかかります。若年性アルツハイマー病とは中高年の男性に多い病気とされていますが、女性でもかかることがあります。原因は特定されていないのですが、脳内の特殊なタンパク質の働きが弱ってしまうことで若年性アルツハイマー病にかかるとされています。現在の医療では原因については詳しくわかっていないので、若年性アルツハイマー病にかかった場合は症状の悪化を防ぐための薬を飲み続けることになります。しかし脳の萎縮に関しては若い年代の方がスピードが速いので40代で症状が出てその数年後には家族との会話もできない状態になります。リハビリなどである程度の社会生活を送ることができますが、短期記憶の部分が萎縮してしまうので、毎日起きるできごとをほとんど忘れてしまいます。しかし住所や年齢、トイレの位置や食事の方法などに関しては長期記憶の中に保存されているので、あまり忘れることがありません。