クラミジアの治療と突発性紫斑病の名医

クラミジアは代表的な性感染症で10代の若者を中心として感染が増加傾向にあります。また治療には抗生剤が用いられるので最近では耐性菌が発生していて、通常の抗生剤では効きにくい場合もあります。またクラミジアのような性感染症に関してはパートナーも同時に感染しているので、女性だけが治療をしてもすぐに再感染してしまうので、治療回数が増加してしまって耐性菌を増加させる結果を招いています。クラミジアの予防は基本的にはコンドームをすることなのですが、セックスの最初の段階でコンドームをして、オーラルセックスなどもしてはならないので、通常のカップルにとっては非常にハードルが高くなっています。このために感染の増加に歯止めがかかっていないという現実があるので、国では感染症対策として定期的な検査をするように呼びかけています。突発性紫斑病というのは国が認めている難病の一つで何らかの原因で血小板が減少してしまうので、怪我をした場合などに出血が止まらなくなる病気です。突発性紫斑病は毛細血管からの出血などもあるので、日常生活では怪我をしないように心がける必要があります。また突発性紫斑病は定期的に血小板の値を調べなければならないので、大学病院の名医を受診して質の高い治療を受けなければなりません。また歯科の処置や風邪をひいた時の薬の処方などにも注意が必要なので、名医の指示にしたがって治療を進めなければなりません。治療に関してはピロリ菌の除去や副腎皮質ステロイドを投与しながら様々な方法で進めていくので、名医による治療が不可欠になります。最終的には脾臓を摘出することで治癒を目指しますが、それでも治癒しない場合には他の薬物治療をしなければなりません。