クラミジアの新宿での感染情報について

クラミジアの感染は近年増加していて、とくに新宿などの都市部での感染が多く報告されていて、性風俗産業が多いことなどが影響している可能性があります。感染情報に関しては専門のクリニックや保健所などで確認をすることができるのですが、クラミジアが流行している背景としては症状が比較的軽度であることが関係していて、あまり深刻に考えないで放置する人が多いことが問題であるとされています。またコンドームをしないでセックスをすると感染確率が高まるので注意が必要で、クラミジアに感染するとひどい場合には不妊症になることもあります。新宿は多くの女性が働いている繁華街なので不特定多数のパートナーと性交渉をする女性の割合も全国平均と比較して多くなっています。保健所などの感染情報を参考にすると都市部でのクラミジアの患者数が増加しているのがわかるので、感染拡大を防ぐために早期発見をして、適切な治療の必要性を理解しなければなりません。新宿の性風俗産業で働いている女性の多くは定期的に性病の検査をしているのですが潜伏期間が1週間から3週間あるので、血液検査で発見できない場合もあります。この場合には女性は働き続けることになるので多くの男性に感染させる可能性があります。感染情報を知るためには保健所以外でもインターネットを利用すると厚生労働省などのウェブページで見ることができるので、感染数の増加とその他の性感染症に感染するリスクについても知ることができます。クラミジアの症状は他の性病と比べると軽いのですが、感染しているとエイズなどにも感染しやすいので、抗生剤を服用して治療をしなければなりません。治療には1ヶ月程度かかる場合がありますが、短い場合は1週間程度で完治することもあります。