クラミジアによる血尿やしこりについて

クラミジアは症状が進行すると男性の場合には尿道に炎症が起きるので、排尿時に痛みが起きたり、尿道炎が悪化すると血尿が出る場合もありますが、女性に比べると症状が軽いとされているので陰嚢が腫れるなどの重い症状が出ないと検査をしない傾向があります。女性の場合には無症状の割合が高いのですが、おりものが増えたり、軽い生理痛のような痛みを感じることがあり、さらに性器からの出血などがあるので、血尿と間違えることもあります。クラミジアは腎臓に感染することがないので血尿が出ることはないのですが、生理ではないのに性器から出血している場合には間違えることもあります。クラミジアによるしこりの症状としては子宮内膜炎があり、この症状が進行すると子宮内膜にしこりができることもあります。女性の場合には膣内にクラミジアが感染すると子宮や卵管、骨盤などにまで感染が拡がるので、子宮の周辺にしこりが出来ることもあります。また不妊や流産、早産などの原因になるので、クラミジアが疑われる場合には性病科や泌尿器科で検査を行って、感染の有無を確認して、感染している場合には治療をしなければなりません。クラミジアは症状が比較的軽い性感染症なのですが、放置しておくと炎症が様々な部分に拡がるので早期に発見して、治療をしなければなりません。治療に関しては抗生剤の服用だけなので比較的簡単に済みますが、2週間程度服用した後に必ず検査をして細菌が無いことを確認しなければなりません。またパートナーも一緒に治療をしないと何度も感染するので、パートナーがわかっている場合には一緒に検査をして、治療をすることが大切です。感染しないためにはコンドームが有効なのですが、最初から装着していないとオーラルセックスなどでも感染してしまいます。