クラミジアの症状と流行の原因

クラミジア感染症は、性別に関わらず無症候性感染なので感染患者が気付かない性交渉を積み重ねてしまうケースが多い為に、パートナーを感染させたり、複数の相手との性交渉で感染を拡大させてしまいます。
又、クラミジア感染症の感染力は、決して強くありませんが、1回の性交渉で感染する確率が50%と非常に高い為に流行してしまいます。加えて、クラミジア感染症は、抗生剤の服用や点滴静注などで比較的簡単に症状が沈静化する為に、治癒したと思い込み無症候感染を持続してしまい、更に感染患者を増やし流行を加速させてしまいます。
その為、日本国内の感染患者は、100万人近くいるとされています。
クラミジア感染症の症状は、稀に症状の初期段階で排尿時の痛みや尿道の不快感、膿やオリモノなどの分泌があるケースもありますが、基本的に初期の自覚症状はほとんど無く、病状を悪化させてしまうケースが大部分です。
しかし、クラミジア感染症は、男性に比べて女性の方が深刻な疾患を発症するケースが多く、子宮内膜から卵管を経て腹腔内や肝臓まで広く感染するケースが多くあり、不妊症や流産、早産などの原因となります。
特に、子宮付属器炎や骨盤腹膜炎を発症すると、下腹部の痛みや性交痛などの自覚症状が発現します。
現在では、クラミジア感染症の検査キットが、通販でも手に入れる事が出来るので、特に女性は自分の身を守る為に定期的な検査をすべきです。
クラミジアを放置すると重篤な疾患を発症するだけで無く、淋病や梅毒、HIVなどの性行為感染症の感染リスクが3倍~5倍高くなり、女性は男性の2.4倍感染リスクが高いとされています。
特に女性は、早期発見、早期治療が肝要です。
現在のクラミジア感染症の治療は、抗生剤を1回服用するだけで良い薬剤も承認されているので、治療も非常に簡単になっています。

性成熟期はクラミジアに感染しやすい

性成熟期とは妊娠可能な時期のことを指します。
女性の場合は10代の半ばから40歳くらいまでの間となりますが、この時期はクラミジアに非常に感染しやすい時期でもあるのです。
というのも成熟期は人生の中で一番性行為を行う時期になります。
恋愛の一貫として性行為を行う場合もありますが子供を作るために行う方もいるからです。
また性行為をするチャンスもこの時期に集中しています。
クラミジアは性行為により感染する病気ですのでこの性行為をすることが多い時期にこそ感染してしまうのです。
また中でも十代の場合は体は成熟しても性病に関する知識がないためかかるリスクはさらに高まります。
決して成熟期はクラミジアに弱い時期と言うわけではありません。感染する原因が多い時期ということです。
昔はクラミジアは風俗で働いている人や通っている人がなると言われていましたが最近では一般の方から感染しやすいという報告もされています。
風俗では性病のリスクも考え予防対策や検査も徹底しているからです。
それれは感染しやすい時期をどのように乗り越えればいいのでしょうか。
性行為をしないのが一番安全ですが子供が欲しい方にとってはそういうわけにもいきません。ですのでまず子どもを作るとき以外はコンドームをするという習慣をを身に付けましょう。
相手がそれを拒んだ時には性行為そのものを拒むしかありません。
子どもを作る目的の場合は大体相手は配偶者になりますが、結婚する前にブライダルチェックをしてもらうのがいいでしょう。
これは性病にかかっていないかどうかの検査ですがもしも感染していなければ安心し子供が作れます。
クラミジアはあまり自覚症状が出ない場合もあるので知らない間に感染したりさせてしまうことがあるため、検査をする必要があります。

クラミジア検査を受ける時期

潜伏期間があり発症しなければ検査することができないと思われがちですが、クラミジアは感染があったと予測する日から3日後に検査することが可能です。感染していれば陽性反応ができます。検査方法は、男性の初尿といって最初にでるおしっこを採取し、女性は子宮頸の分泌物を綿棒などで拭う検査をします。病院によってまちまちですが、数十分で検査結果が出ますので、クラミジアであればすぐに抗生物質で治療を開始することが可能です。

他の性病で梅毒やHIVは数か月掛からないと検査ができないことがありますが、その点クラミジアは検査をしやすい病気になるでしょう。しかし問題もあります。まず検査方法として男性はそれほどでもありませんが、女性は子宮の分泌分を採取されますので、抵抗感がある女性も多いでしょう。勇気を持って検査を受けなければなりません。もし恥ずかしいのであれば、性病の検査キットをネットで購入し、自宅で検査をしてから郵送し後日検査結果を知ることができるという方法もあります。どうしても病院で検査を受けるのが嫌だという女性もいるでしょうから、そのような検査方法で積極的に検査をするようにしましょう。

また性病は特に女性が自覚症状が出にくいといった特徴があります。よっていつ罹ったのかということがわからない人もいて、実は以前からクラミジアを持っていたということも起きます。パートナーが罹患し、浮気をしたと勘違いされることもありますので、注意が必要です。どちらにしても性行為の経験がある人であれば、どんな人も性病に罹る可能性があるということを知っておきましょう。特に不特定、性行為をするパートナーが多い場合は、性病に罹る確率も高くなります。
エンペシド膣錠で性病を即治そう
バルトレックスは様々な症状に効く!